スチームクリーナーの種類・違い

このサイトで紹介中のスチームクリーナー「スチームファースト」直販サイトのみの\30,280→\20,980キャンペーンを確認する方は今すぐこちらからチェックしてみてください>>

スチームクリーナーの種類がいろいろありすぎて、どれを選んだらいいのかわからない。

よくある質問で、スチームクリーナーの種類がいろいろあって、どれが自分の家にふさわしい、方式なのか?
わからない方も多いと思います。

 

 

スチームクリーナーは、元々大きく分けて
本体を手で持って使うタイプと
掃除機のような形をしたノズル部分だけを持って使うタイプ(スチームファースト・ケルヒャーのような形のもの)の2種類でした。

 

手で持って使うタイプは、パネル式とボイラー式がありました。
パネル式は蒸気の温度は100度に満たないのですが、スチームが出るまでの時間が30秒くらいで使えるようになります。
しかし、高温にならないでベチャベチャになる粗悪品も多く出回っています。

 

ボイラー式は、今回このサイトで紹介しているスチームファーストと同じように、タンクが密閉されてその中で4気圧くらいになり、140度以上の高温スチームを生成して、噴出するタイプです。
なので、噴射直後は、100度の上質スチームが出ます。ただ沸くまで時間を要します

 

その後、ハンディーのパネル式に柄がついたタイプが出現しました。
そう、スチームモップです。

 

スチームモップは床専用のため、キッチンなどの清掃には使えませんし、パネル式なので蒸気の温度も噴射直後100度ではありません。
モップなので、床の掃除しか使えないということで、床以外のところも使えるようにと、お湯をわかす部分と本体を分離できるようにしたものが、去年くらいから出回っています。

 

ただ分離した本体でキッチンなどを掃除できるという触れ込みですが、所詮床用の本体部分を分離して持って使うため、長時間使用では疲れてしまいます。

 

結局、パネル式から派生したスチームクリーナーは、改良は重ねられていますが、タンク容量も小さく、連続使用が最大でも15分、大掃除には向いていないでしょう。
逆に普段使いには、使用開始までの時間が短いのでオススメかもしれません。

 

ただ、床用から着脱するタイプは便利そうに見えますが、床が主に使用場所という方は、スチームモップ単体、キッチンなどの掃除がメインという方は、ハンディー専用タイプを選んだほうが、不必要な機能がなく使い勝手もよく機能的にも安心できます。

 

いかにキャニスターに近づくか

 

その後キッチンなどの油汚れ向けのハンディーは、ホースが長くなり、本体を一定位置に置いて周囲を掃除できるようになりました。ただその場合も床は掃除できません。
ホースもキャニスターほど長くはないので、レンジフード等の高いところの場合はやはり本体を持って掃除しなくてはいけません。

 

こうやってみてみると、結局は、キャニスター式にいかに近づくかを各社模索しているということが見えてきます。

 

キャニスター式(スチームファーストのような元々のスチームクリーナーの基本機能を持った機種)ならこれら全ての作業が楽にこなせます。

 

  • ボイラー式だから、100度の上質スチームが取り出せる。
  • 床は掃除機のように、ノズル部分を動かすだけなのでスチームモップのように重くない。
  • ホースが長いので、換気扇などのらくらく掃除可能。
  • タンク容量が1.5リットル。45分連続使用できる。
  • 先端パーツも充実。

 

ただ使う方によっては、デメリットもあります。

 

ボイラー式だから、使えるまで、上質のスチームが沸騰するまで5・6分かかる。
どうしても、タンク容量が大きいので、掃除機くらいの収納スペースが必要。

 

 

そのあたりで、あなたが納得できるのであれば、迷わずキャニスター型を選ぶといいと思います。
私も購入して、いろいろ使っていますが、なかなか良く考えられた機種だと思います。

 

 

 

 

 

トップページもくじへ

 

 

 

 

 

このサイトで紹介中のスチームクリーナー「スチームファースト」直販サイトのみの\30,280→\20,980キャンペーンを確認する方は今すぐこちらからチェックしてみてください>>