スチームファーストDX  違い

スチームクリーナー専用洗剤とカルキ除去パウダーがセットになった「スチームファースト」を大手通販サイトよりお得に購入する方法は、今すぐこちらからチェックしてみてください>>

スチームファースト 旧機種との仕様の違いは?

サイト訪問ありがとうございます。

 

年末に向けて、今日からスチームファースト新機種SF-370WHDIR(通称スチームファーストDX)について紹介していきたいと思います。

 

さて、今回は旧機種SF-275と何が変わったのか?調べてみました。

 

 

SF-370WHDIRの仕様※旧機種SF-275WHDIRの仕様

 

電圧
100V

 

ワット数
1500W

 

アンペア
15A

 

給水タンク容量
1500ml

 

加熱時間
約7分

 

スチーム時間
約45分

 

重量
3.8kg

 

サイズ
39.1センチ*30.5センチ*24.1センチ
※44.0センチ*28.2センチ*33.0センチ

 

コードの長さ
4.7m

 

 

数値を見ると、大きさだけが変化しています。幅は少し増えていますが、高さが10センチ近く低くなっていますので、見た目がコンパクトですし、収納がしやすくなりました。

 

本体からホース付きのノズルが上部から出ているデザインは、一緒です。
ノズルをセットする台は、本体後方にありますし、電源コードを巻き付けておくコード収納ホルダーも新設されています。

 

新型SF-370

 

 

旧型SF-275

 

次回から各オプションの説明をしていきますね。
新しくできたもの、なくなったものなどありますので。

 

では。

 

 

スチームクリーナー専用洗剤とカルキ除去パウダーがセットになった「スチームファースト」を大手通販サイトよりお得に購入する方法は、今すぐこちらからチェックしてみてください>>