スチームクリーナーがおすすめな方は?

スチームクリーナー専用洗剤とカルキ除去パウダーがセットになった「スチームファースト」を大手通販サイトよりお得に購入する方法は、今すぐこちらからチェックしてみてください>>

スチームクリーナーを使って掃除をするおすすめの場所

スチームクリーナーのおすすめ機種は、このサイトを見ていただいている方なら、キャニスター型ということは、おわかりだと思います。
では、どんな掃除・場所に使えるのか?
効果を発揮できるところを、今までいろんなスチームクリーナーを使ってみた立場からお伝えしたいと思います。

 

 

あなたがここを掃除したい。
では、その場所は、スチームクリーナーで汚れ落ちがよくなったり、清掃効率が上がったりするのか?
あなたはそこが知りたいですよね。

 

いつもやってる掃除が楽になったら。
同じ場所で困っている人は、どんな方法を行っているのかしら?

 

 

場所と行っても

 

キッチン 風呂 トイレ 床 とかの大まかな場所ではなくて、
もっと蛇口周りとか、換気扇のフィルターとか
お風呂の扉とかエプロンの中とか
サッシのレールもあればゴムのところもある。
ベランダと行ってもコンクリートの床もあれば、最近多いエンボスシートの床もある。

 

一つ一つの箇所に対して、スチームクリーナーが有効かどうか、あなたは知りたいんでしょうけど
そこについた汚れによっても
汚れが付いた場所の表面の状態や年数によっても、スチームクリーナーが有効なときとそうでないときがある。

 

スチームを使う汚れのとり方も、色々考えられるんです。
だから、本来は、この場所なら使える!というのは正解でもあり、正解でもない。

 

でも、正直、蒸気だけで除去できる汚れは、油汚れ、手垢、排気ガス、ヌメリ、ヤニ、くいこんでいないカビなどです。
基本、水溶性の汚れじゃないと取れない。
油も水(お湯)では完璧に取れないでしょう。
やはり、スチームマジックのような洗剤が必要になってきます。

 

その他のサビとか浸透したカビ、焦げなどは、蒸気より削ったりそれ用の薬剤があります。
IHクッキングヒーターのヒーター部分の汚れも、削ったほうが早いかも。

 

コケなんかは、高圧洗浄機のほうがよく取れるし。

 

便器の中の尿石などは、洗剤をかけてから30分放置して、スチームすれば取れやすいですが。

 

ガラスの表面の汚れは、それだけやるのにスチームクリーナーを用意するのは面倒です。
水回りを行うときについでにやってみるなら、価値ありですけど。

 

あと、ちょっと話はそれますが、楽しみながら掃除をするという気持ちがないと、しんどい道具かもしれません。
スチームじゃ汚れが取れない!って怒ってしまうのではなくて
じっくり方法を試して、だめなら、色んな方法を絡めて、挑戦してみる。

 

上にも書いたように、汚れがついている場所、年数、汚れの種類によって、取り方は何通りも考えられるわけですから。

 

 

スチームクリーナーが最初ヒットした時のイメージが、お湯(蒸気)だけで、油が落ちてエコ、環境に優しい、除菌もできるというのが先行しすぎたんでしょうね。
そこに重点を置いて、コテコテの汚れを取ろうとしてもしんどいと思います。

 

スチームを当てて、浮いた汚れをタオルに移していく。
ブラシ、真鍮ブラシ、パット、洗剤の種類と組み合わせで、汚れ落ちも変わってきます。
カビもスチームを当てておくと生えにくくなります。

 

レンジフードの羽根は、マジックリンなどに漬け込んだほうが早いです。
フィルターは、方法次第。
使えるのは、本体とか返しの部分の油を溶かす部分です。

 

あと、仕上がりが、拭き掃除ではなく洗い流したさっぱり感が得られるのも、スチーム掃除の利点です。
これは他の掃除道具では、味わえない感覚です。

 

スチームクリーナーは、汚れてからの掃除より、普段使いで定期的に使うのがベストだと思います。
拭き掃除のまとめ!という感じで。

 

具体的にスチームクリーナーが向いている箇所がかけなくてすいません。

 

でも今まで書いたことの中に、ヒントはたくさんあるので
あなたの困っている汚れに有効なのか、ある程度は
予想ができると思います。

 

もし使ったことがある方、スチームクリーナーをしまいこんでるあなたなら、もう一度上記の点を考えながら
使ってみるのはどうでしょうか?

 

新しい発見があるかもしれませんよ。

スチームクリーナー専用洗剤とカルキ除去パウダーがセットになった「スチームファースト」を大手通販サイトよりお得に購入する方法は、今すぐこちらからチェックしてみてください>>