スチームクリーナーをカーペットで使ったときの効果

スチームクリーナー専用洗剤とカルキ除去パウダーがセットになった「スチームファースト」を大手通販サイトよりお得に購入する方法は、今すぐこちらからチェックしてみてください>>

カーペットを綺麗にしたい時、スチームクリーナーは役に立つのか?

じゅうたんは、繊維です。
衣類の場合、洗濯機で洗浄して、衣類から汚れを引き離しますよね。
もちろん洗濯石鹸を使えば、その引き離す力は強くなって、水だけの場合よりきれいによごれをおとすことができます。

 

でも、じゅうたんの場合、洗濯機で洗うことができない。
でも、食べこぼしなどのシミを取りたい。
全体的に広範囲に汚れを取りたい。
そんな時、あなたはどうしますか?

 

ぬるま湯を染み込ませたタオルでポンポン叩く。
オキシドールやアンモニア、ベンジン、塩などを使い、汚れに応じてしみ抜きをする。
など、丸洗いできないだけに、部分的にしみ抜きする必要があります。

 

広範囲の場合、濡らしたバスタオルなどで、カーペット表面を拭き掃除します。

 

最近はタイルカーペットなども普及しているので、その部分だけ取り替えるという選択肢もあります。

 

そのような現状の中で、スチームクリーナーをじゅうたん掃除に使うというメーカーの画像なども見たことがあるとおもいます。

 

ただ、布パットを表面に押すだけで、カーペットがきれいになるかと言えば、なかなか難しいです。
スチームの熱で汚れを浮かせて、その浮いた汚れを、回収しなくてはいけません。

 

先程の部分しみ抜きのように、ピンポイントで処理しても、すべてのシミが落とせるわけでもありません。
しかし、布パットを押すだけで、カーペットクリーニングができるというCM。
少し、大袈裟ですね。リングを付けると、床自体に掛かる力も弱まり、拭き取る効果が弱まります。
実際使ってみるとわかります。
拭き取っている感じは、ありません。残念ながら。。(少しだけパットが汚れますが、濡れタオルでカーペットを手作業で拭き取ったほうが、かなり効果があります。)

 

ノズルの先をブラシに変えて、ピンポイントで噴射して、浮いた汚れをタオルにつけていくなら、まだ除去できるシミや汚れもあると思いますが、某メーカーなどのカーペットリングなどを装着してのクリーニングでは、あまり効果がないということです。
実際に、スティック型のスチーム掃除機も数台持っていますが、カーペットに関しては今ひとつです。
表面の黒ずみも変化ないです。

 

カーペットクリーニングをスチームクリーナーで行う場合、せめてキャニスター型(掃除機のような形をした機種)をおすすめしますが、それも部分的なしみ抜きのみです。
広範囲の汚れを除去するためには、浮いた汚れを布パットに付着させるだけでは、きれいになりません。

 

洗濯するのと同じくらいに、水分といっしょに汚れを回収しなくてはいけないので、
上記のような薬剤で汚れを浮かせて、それに温水や水を噴霧し、いっしょに吸い上げるという方法でないときれいになりません。

 

 

↑ こういったことを、行う必要があります。

 

それを行うためには、スチームクリーナーではなく、リンサーと言うものを使います。

 

リンサー

 

広範囲に、カーペットをキレイにしたい場合は、こういった道具が必要です。

 

でも、高価過ぎますよね。

 

スチームで熱を与えると、血液などとれにくくなる場合があるように、熱を与えれば、汚れがなんでも取れるというわけでもありません。

 

でもスチームクリーナーで同じようなことができないでしょうか?

 

 

こんな感じでブラシに布パットをかぶせて、スポット的にスチームを当て、暖かく湿っているうちに、もう一度タオルなどで叩いて、汚れをタオルに移すときれいになります。(車内のシートで同じ方法を行いました

 

1メートル範囲くらいとか、根気よく行えば、リンサーを使った方法と同じくらい、広範囲を綺麗にすることもできます。
スチームクリーナーの機種の条件としては、ハンディーで処理できることです。

 

スチームクリーナーをカーペットクリーニングに使うときの参考にしてください。

 

前のページ車内でスチームクリーナーいろんな部分で使ってみました2(室内編)

次のページトイレ掃除・消臭にスチームクリーナーって、有効なの?

スチームクリーナー専用洗剤とカルキ除去パウダーがセットになった「スチームファースト」を大手通販サイトよりお得に購入する方法は、今すぐこちらからチェックしてみてください>>