スチームクリーナーを車で使った 口コミ

スチームクリーナー専用洗剤とカルキ除去パウダーがセットになった「スチームファースト」を大手通販サイトよりお得に購入する方法は、今すぐこちらからチェックしてみてください>>

車内でスチームクリーナー 天井 シート 床 トランク どこが効果的なのか?

マイカーの掃除、いつもご苦労さまです。

 

前回は、車外の掃除でスチームクリーナーを使ってみました。
効果的なのは、ホイール汚れや、エンジンルーム内の油汚れの除去になると思います。

 

 

でも、どちらかと言うと、外部の掃除は、高圧洗浄機の方が、有効な場合も多いです。

 

 

高圧洗浄機というのは、水にポンプで水圧をかけて、噴射する道具

 

スチームクリーナーと高圧洗浄機を混同している方も多いですが、
スチームクリーナーは、水を沸騰させ噴射して汚れを浮かせる道具です。
密閉した釜の中で、気圧を高めることにより、沸点を上昇させ100度以上の温度に加圧します。
噴射直後は、1気圧に戻りますので、100度の温度で噴射します。
ただ、高圧洗浄機のような、苔を剥ぎ取るくらいの圧力はないので、熱で汚れを浮かせる道具と思ったほうがいいです。

 

浮いた汚れは、洗い流すか、タオルなどに移し取る必要があります。

 

ということで、高圧洗浄機のように水浸しにはならないので、車内掃除にスチームクリーナーは、役に立ちます。

 

車内クリーニングにスチームクリーナーを使った様子

布シートなどに噴射して、浮いてきた汚れを、タオルに移していく。

 


アタッチメントに布パットを装着。

 

 

 

 


こういう布シートに、噴射します。
天井の不織布のルーフ表面などにもいいです。

 


スチームマジックを噴射
最初は目立たないところで、試しでやってみてくださいね。

 

 


噴射直後は、ノズルの中の水分が、蒸気にならず出てくるので
どこか他の場所で、少しの時間噴射し続けてみてください。
そのうち、上質な蒸気に変わります。

 


蒸気になったら、スチームマジックを噴射した部分に蒸気を当てます。

 


汚れが浮いてきます。このパットだけでも汚れは浮いてきますが
すぐパットの表面が黒くなって、汚れが取れきれなくなるので

 


表面が熱いうちに、きれいなタオルに、汚れを移していきます。

 


こんなに汚れがついてきます。

 

 

プロの方ならここで、リンサー(エクストラクター)を使うんです。
(水をかけて、汚れといっしょに吸い取る道具)

 

上はシーバイエスのスポットリンサーです。
かなりきれいになります。

 

汚れを吸い取りますので。。

 


でも高価なんで、、スチームクリーナーと手作業でも結構きれいになりますよ。
とくに座面は、かなり汚れています。

 


ルーフの水洗いしにくい場所に

 


ダッシュボードのシールはがしに

 


この辺、手垢多くないですか?

 


ステップの泥汚れや、ガムとか。。スッキリさせたいですよね。

 

あとトランクの床部分とか、
前にも行った、コーヒーの食べこぼしも

 

 


こんな感じでスッキリ。

 

 


アタッチメントを交換すれば、平面の頑固な汚れも簡単に落とせます。
熱での除菌もできますし、キャニスタータイプなので
完璧に沸騰した蒸気で、お掃除できます。

 

車内の掃除に、スチームクリーナー1台持っていて損はないと思います。

 

 

 

前のページ車内でスチームクリーナーいろんな部分で使ってみました2(外部編)

次のページじゅうたんの掃除にスチームクリーナーは、役立つのか?

スチームクリーナー専用洗剤とカルキ除去パウダーがセットになった「スチームファースト」を大手通販サイトよりお得に購入する方法は、今すぐこちらからチェックしてみてください>>