スチームクリーナーが蒸気にならず、周辺がべちゃべちゃ

スチームクリーナー専用洗剤とカルキ除去パウダーがセットになった「スチームファースト」を大手通販サイトよりお得に購入する方法は、今すぐこちらからチェックしてみてください>>

べちゃべちゃになるスチームクリーナー、その理由は?

スチームクリーナーを使った感想で、周囲がベチャベチャになると聞いたことがある方も多いでしょう。

 

その理由として、一番考えられるのは、水が沸騰せず、中途半端な温度で噴射しているため、蒸気になっていないんですね。
このサイトで紹介している、スチームファーストなどのボイラー式のスチームクリーナーは、圧力鍋のように、ボイラーの中に圧力がかかって、沸騰したお湯を噴射します。
噴射直後の蒸気は、100度になっています。
だからサラッとした蒸気が噴射され、汚れを浮かび上がらせます。
もちろん、対象面は蒸気が冷めれば、濡れますが、沸騰していないお湯が噴射するわけではないので、蒸気の質が違います。

 

ビチャビチャになるスチームクリーナーで多いのが、パネル式と言って、水を鉄板の上に通して、温めるタイプ。
完全な蒸気にならず、噴射してしまい、周辺がビチャビチャになってしまいます。

 

ハンディータイプで、水の注ぎ口がねじ込み形ではなく、単なるキャップの形をしたものは、たいていパネル式です。

 

 

上質の蒸気を使いたい場合は、やはりボイラー式と呼ばれるタイプを使いましょう。
スチームファーストは、100度の上質スチームを噴射しますので、ベチャベチャになりにくく、噴射直後蒸気の温度も100度ですので、汚れ落ちもいいです。
それでも取れきれない場合は、同梱のスチームマジックを併用して、汚れ落ちの良さを実感してみてください。

 

 

 

でも、スチームファーストなどボイラー式でベチャベチャになったという方に対しては、以下を参考にしてみてください。

 

 

スチームファーストでやったらビチャビチャになったんですが。。

 

このページ来られた方のなかで、スチームファーストびちゃびちゃになる、水浸しになるとかで検索された方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

その場合は、使い方をチェックしましょう。
最初使いはじめの段階では、水分が蒸気になっておらず、ホースの中に水が残っていることがあります。
蒸気になるまで、ノズルを握って水分が蒸気になるまで噴射し続けてください。

 

そのとき、布製のパットやカバーは取り外しておきましょう。
先端をノズルだけにして、噴射してください。

 

取り外さないと、布がベチャベチャに最初からなってしまい、床などをやる時もフローリングがベチャベチャになってしまいます。
蒸気が出始めたら、ノズルを離して布パットなどを装着しましょう。

 

 

前のページスチームクリーナーと高圧洗浄機では、出来ることが違います。

次のページゴールデンウィーク暇なんです 半年一度の大掃除、スチームクリーナーを使ってみませんか?

スチームクリーナー専用洗剤とカルキ除去パウダーがセットになった「スチームファースト」を大手通販サイトよりお得に購入する方法は、今すぐこちらからチェックしてみてください>>