タイル表面 ステンレス スチームクリーナー ハードスポンジの使い方

スチームクリーナー専用洗剤とカルキ除去パウダーがセットになった「スチームファースト」を大手通販サイトよりお得に購入する方法は、今すぐこちらからチェックしてみてください>>

ハードスポンジ 他のメーカーにはないアタッチメント

梅雨の時期、うっとおしいです。
特に今日、平成27年7月8日かなり蒸し暑いです。

 

先日まで雨が降ったりやんだりしていたので、当然なのですが。

 

こんな時は、ジメジメで臭いやカビの悩みが、一気に出てきます。

 

 

菌がいたるところに増殖しやすい時期でもあります。
特にキッチンなど、きれいにしておかないと、悪臭や、食中毒の原因になります。

 

定期的にまな板など、熱処理すれば安心です。

 

ハードスポンジで、キッチンの除菌

 

スチームファーストには、ハードスポンジという、油汚れの除去や除菌に使えるスポンジがあります。

 

 

除菌に関しては、そのまま使えるので問題無いです。
スチームを出しながら、このスポンジで、除菌したいところを通せばいいのです。

 

ただ油汚れに関しては、スポンジの研磨力が、少しやさしいので、私の場合ちょっと工夫(たいしたことないですが)して使っています。

 

 

こんな感じで、少し粗めのスコッチブライトナイロンたわしを間に挟んで使っています。

 

 

あまり大きいと、動かしにくいので好みの大きさにはさみで切ります。

 

 

汚れを浮かせたあと、マイクロファイバークロス
で、汚れと水分を拭き取り、回収していきます。

 

 

マイクロファイバークロスなら、熱で浮き上がった汚れを素早く回収、残った点々、油汚れも、少し力を入れて擦ることにより、削りながら拭き掃除できます。

 

 

ステンレス表面は、まずスチームマジックを吹きかけて

 

 

 

ハードスポンジで表面を滑らせます。

 

 

蒸気を吹き付け、こすったり、ステンレスに密着しながら、ステンレスの目にそってスライド。

 

 

汚れが落ちにくい場合、先程はさみで切って作った、手製のナイロンたわしをハードスポンジとステンレスの間に挟んで研磨力を高めてみる。
ハードスポンジ→ナイロンたわしを通過して蒸気が出て除菌掃除ができます。

 

 

ジフなどの液体クレンザーを、撒いた上からハードスポンジの蒸気で擦るのも効果的。

 

 

これだけ行えば、キッチンの除菌も完璧。
年末の大掃除だけでなく、梅雨時や食中毒が流行る時期、スチームクリーナーは大活躍です。

 

工夫をすれば、こんなふうにスチームクリーナーも活かせます。

 

次回は、排水口のぬめり、その次は、コンロやレンジ台の表面と続きます。
お楽しみに。

 

 

 

 

前のページキッチン スチームクリーナーの私の使い方(3) タイルの目地編

次のページキッチン スチームクリーナーの私の使い方(5)排水口 ワントラップ 臭い返し 排水カゴのぬめりを除菌

スチームクリーナー専用洗剤とカルキ除去パウダーがセットになった「スチームファースト」を大手通販サイトよりお得に購入する方法は、今すぐこちらからチェックしてみてください>>