スチームクリーナー 水切棚 蛇口

スチームクリーナー専用洗剤とカルキ除去パウダーがセットになった「スチームファースト」を大手通販サイトよりお得に購入する方法は、今すぐこちらからチェックしてみてください>>

スチームクリーナー ステンレス水切棚 蛇口の周りのカリカリ除去編

 

 

さて前回は、五徳の汚れを中心に、ワイヤブラシで擦ってみました
汚れが軽ければすぐ綺麗になります。

 

焦げ汚れがひどい場合は、カッターナイフなどでこそげ落としておきましょう。

 

 

今回は、キッチンでも汚れが目立つ、ステンレスの棚や蛇口周りを掃除してみましょう。
光物がきれいになると、他の部分が汚れていても、それなりにきれいに見えます。

 

来客がある直前など、「わあ、どうしよう?」
「こんなに汚い、キッチン見られたくないけど、早くきれいにするコツはないかな?」
と思う方も多いと思います。

 

そんな時は、まず、今回のような光り物を重点的に掃除しておくと、きれいに見せることができます。
多少他の部分がくすんでいても、全体的に綺麗に装うことが出来るんです。

 

蛇口がきれいだと、作る料理も美味しく見える。

 

やっぱりきれいに手入れされているキッチンで作られた料理は、美味しく感じますね。
一度、キッチンのスチーム掃除、挑戦してみてください。

 

 

スチームマジックを蛇口に噴霧しながら、歯ブラシでブラッシング。
洗剤を浸透させます。

 

 

アルカリ成分の洗剤なので、油やせっけんかすなどを浮かせます。

 

 

スチームをかけると、温水で洗剤が薄まるので、スチームファーストをかけながら、同時進行でスチームクリーナーのナイロンブラシでブラッシング。
前回の五徳のように頑固な汚れの場合、真鍮ブラシでもいいのですが
プラスチックにメッキしてある部分はメッキが傷になることもあるので、どちらかというと熱と薬剤の力で除去する方向で擦っていきます。
こする物理的な力を意識し過ぎると、真鍮でのメッキ部分の掃除は、傷がどうしても入ります。

 

 

白いカリカリは、水道水の中のカルシウム分と水道水の中の金属イオンが結びついて固まったもの。
なかなか取れないです。
そういった時は、今度は酸性の薬剤を使います。

 

一般的に家庭で手に入る薬剤は、クエン酸。
もっと強い酸はありますが、おそらく他の部分の金属を変色させてしまうので
ひとまず、クエン酸でカリカリが薄くなっていくのか試してみましょう。

 

クエン酸 どんなものがあるか?人気順に楽天を見てみる。

 

 

白いカリカリの上からふりかけます。※お風呂のカリカリを除去した時と同じ方法

 

 

10分から15分位置いて

 

 

歯ブラシで念のため、ブラッシング。

 

 

白いカリカリが、クエン酸だけでこする時より、熱の力が加わって、早く反応して溶けていきます。

 

 

では、よくあるステンレス製水切棚。

 

 

五徳の時と同じく、100均なんかで売ってるステンレスたわしをスチームクリーナーの先端に巻きつけて使います。

 

 

こういった入り込んだところもスッキリします。
コンロの横の方など、油汚れがひどくて、でも細かい作りなので掃除をあきらめている。
そんな方も多いと思います。

 

油をこすり取ろうとするのではなく、熱で溶かすことによって、細かい部分の油やネタネタも下に流れて、きれいになります。

 

蛇口や網棚は、一番汚れが目に入る高さで、汚れが目立つ割にきれいにできないという方が多いです。

 

拭き掃除だけでは、時間の掛かる場所こそ、スチームクリーナーの出番です。

 

光るべき部分を光らせる。
すると料理も美味しく感じますし、毎日の家事も楽しくなります。
自分で手入れすることによって、キッチンへの愛着もわきます。

 

 

スチームクリーナーは、床を押すだけではもったいない

 

床を押すだけではもったいないですよ。
もしあなたがスチームクリーナーを買って、年末から眠っているのなら
取り出して、使ってみましょう。

 

 

ただし、スチームモップと呼ばれる、床に特化したモップは、今回のような作業ができないです。

 

選ぶときは、コンパクトとか、ポータブルと呼ばれるものがおすすめです。
ただ、そういった機種は逆に床掃除ができません。

 

ハイブリッドとかオールインワンと呼ばれるものは、分離して床以外の部分も掃除できないことはないですが、タンク容量も小さく、何度も水を追加しなければいけません。
それと、手に持っての作業が、すぐ疲れます。
本体を持っての作業になりますから。

 

 

私が今回使っている、「スチームファースト」なら、家中どこでも掃除ができます。

 

 

持つ部分もノズルだけで、本体は床において使うため、重さが全く苦になりません。

 

このサイトでは、そのスチームファーストを使って色んな所を掃除しています。
参考にしてみてくださいね。

 

 

 

次回は、タイルの表面をスチームクリーナーでやってみます。
お楽しみに。

 

 

前のページキッチン スチームクリーナーの私の使い方(1) 五徳編

次のページキッチン スチームクリーナーの私の使い方(3) タイルの目地編

スチームクリーナー専用洗剤とカルキ除去パウダーがセットになった「スチームファースト」を大手通販サイトよりお得に購入する方法は、今すぐこちらからチェックしてみてください>>